ミラン元会長ベルルスコーニ氏が不満「なぜガットゥーゾは分からない?」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ミラン元会長ベルルスコーニ氏が不満「なぜガットゥーゾは分からない?」

更新

ミラン元会長ベルルスコーニ氏が不満「なぜガットゥーゾは分からない?」  セリエC(イタリア3部)モンツァのオーナーのシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が、古巣であるACミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾを批判した。イタリアメディア『ANSA通信』が伝えている。

<< 下に続く >>

 ベルルスコーニ氏は先日、ミラノ近郊に拠点を置くモンツァを買収。約1年半ぶりにサッカークラブ経営へと乗り出した。しかし今でも31年間にわたり名物会長として活躍した古巣ACミランのことが頭を離れないようだ。2トップの後ろにトップ下の選手を置くフォーメーションを好む元会長は、1トップが主流のガットゥーゾの戦術に物申した。

 「ガットゥーゾのACミランは1トップでプレーしていても好きか? いや、私は嫌いだ。(ゴンサロ)イグアインは、ACミランが長年、必要としていたストライカーと言える。だがなぜ、スソのようなセカンドトップのサポートをつけないのか理解に苦しむ」

 ベルルスコーニ氏はセリエAへの興味を否定しつつ、21日に行われるインテルミラノとのミラノダービーを観戦するようだ。

 「私はサッカーが大好きなんだが、セリエC限定だよ。今はセリエAについて何も分からない。興味があるのはモンツァだけだ。ダービーは、ACミランのフォーメーションや戦術にガッカリしながらテレビで観戦するつもりだよ。(2トップが良いことは)私でも分かる。(カルロ)アンチェロッティや(ファビオ)カペッロでもわかることなのに、なぜ現指揮官には理解できないのだろうね」(Goal.com)

ランキング

PR