東海1部クラブが所属選手の不貞行為を公表 「サッカー出来ない体に」と脅迫受ける - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

東海1部クラブが所属選手の不貞行為を公表 「サッカー出来ない体に」と脅迫受ける

更新

 サッカー東海社会人1部リーグに所属する鈴鹿アンリミテッドFCは12日、所属選手のDF藤井竜(30)が既婚女性との不貞行為により、慰謝料請求および脅迫とも受け取らざるを得ない行為を受けていることを公式サイトで公表した。

<< 下に続く >>

 発表によると藤井選手は9月中旬に相手女性から接触を受け、同月下旬に2度の不貞行為に及んだ。同月下旬には女性の配偶者からチームの退団と慰謝料500万円を要求されたという。さらにこれができない場合は「サッカーを出来ない体にしようか」と脅迫と受け取らざるを得ない行為を受けているとしている。

 また公表に至った理由として、前述の選手が脅迫と受け取らざるを得ない行為を受けている事実に加え、配偶者の言動の内容を踏まえ、日々の練習や試合に警護を付ける必要性や、ファン・サポーターへ被害が及ばぬよう選手たちと一定以上の距離を取る隔離対策の必要性があると判断したことなどを挙げた。一連の事実については鈴鹿警察署にも相談しているという。

 発表には当事者である藤井選手のコメントも掲載。「今回このような問題を起こしてしまい、チーム関係者様、応援・支援してくださる企業様、サポーターの皆さん、そしてチームメイトには本当に申し訳ありません。そして何より、相手方の配偶者様には謝っても許されることではないと日々反省しております。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉を記した。

ランキング

PR