森保ジャパン初陣を主将・青山はどう見たか? - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

森保ジャパン初陣を主将・青山はどう見たか?

更新

森保ジャパン初陣を主将・青山はどう見たか?  日本代表は11日のキリンチャレンジカップ2018・コスタリカ戦を3-0で勝利し、森保ジャパン初陣を白星で飾った。キャプテンの青山敏弘は、勝利も“森保色”はまだ「そこまで出ていない」と冷静に語った。

<< 下に続く >>

 サンフレッチェ広島に所属する青山は、以前に同クラブを率いていた森保一監督とともにJ1で3度の優勝を経験。メンバーで誰よりも森保監督を知る人間であり、誰よりも森保サッカーを熟知した選手であることから、指揮官に直々に主将就任を打診され、「チーム全体をまとめて」と重責も任された。

 一方で青山も「森保さんで日本代表の試合に勝ちたい」と、その師弟関係は固い絆で結ばれていた。快勝で終わったコスタリカ戦を振り返り、キャプテンは「前に入った時のスピードアップは良かった」としつつも、森保監督が求めるサッカーはまだ未完成とし、「前が楽しみな分、もっと後ろが完成していけば前も強烈になってくると思う」と今後の成長に期待を込めた。

 さらに、青山は森保監督を最も知る選手として、指揮官のコンセプトを伝える役割を担ってきたわけだが、その成果については「自分自身はあまり、とても納得できる内容ではなかった」と厳しい評価。「ただ、チームとしてはすごい期待感があったと思うし、やっている自分たちも本番でどのくらいできるかが楽しみだったので、それを思い切り出せたと思う。でも、まだ森保さんの色っていうのはそこまで出てないのは確かです」と冷静に語り、「これで勝ち続けれれるのなら何も問題ない。今年はもう1度強いチームとやれるので、そこで何ができるか。また森保さんと作っていきたいと思います」と続けた。

 森保ジャパンの近い目標は、来年1月に開催されるアジアカップを制覇すること。そのためにはもちろん今回メンバー入りしなかった選手が多く存在し、中でもロシアW杯で主力としてプレーした選手も控えている。青山はそういった「経験した選手たちの力も必要」としつつ、「新しい力が出てくるのを待っていると思う。大事なのは新しい選手たちがどう日本代表に関わっていくか」と持論を展開する。

 「またトップのA代表になったときが楽しみ。まだまだキャプテンになって自分がキャプテンって言えるところまでまだ何もできてないんで、ここから作っていければいい」と、今後サバイバルと化す代表争いを盛り上げていく構えを見せていた。

 日本代表は10月12日にキリンチャレンジカップ2018でパナマ代表と、同16日にウルグアイ代表と対戦。11月にも2試合が予定されており、年内はこの4試合が開催予定。そして、年明けの1月にUAEでアジアカップに臨む。(Goal.com)

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ

ランキング

PR