コスタリカ指揮官は守備に自信 日本の「長所を封じ込めるような試合をしたい」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

コスタリカ指揮官は守備に自信 日本の「長所を封じ込めるような試合をしたい」

更新

見で記者の質問に答えるコスタリカ代表のロナルド・ゴンサレス監督=パナソニックスタジアム吹田(撮影・甘利慈)  サッカー日本代表は11日午後7時20分から、大阪・パナソニックスタジアム吹田での国際親善試合でコスタリカ代表と対戦する。北海道で発生した地震の影響で7日のチリ戦が中止となり、森保監督就任後の初戦。10日は試合会場で最終調整した。

<< 下に続く >>

 コスタリカのゴンサレス監督は「コスタリカにとって守備面というのは重要な柱」と堅い守備に自信をのぞかせた。日本について「スピードやパワーにあふれたプレーをする」と話し「長所を封じ込めるような試合をしたい」と闘志を燃やした。

 今回の来日メンバーには、ワールドカップ(W杯)ロシア大会で主力のGKナバスやMFルイスらは不在で、若手が多く名を連ねる。監督は「今後4年間で年齢的にリミットを迎えるベテランに代わる若手を発掘したい」と奮起を促した。

代表メンバーへ試合日程へ

ランキング

PR