ベイル&ギグスがデンマーク戦の判定に苦言「ホームじゃなきゃ与えられないPK」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ベイル&ギグスがデンマーク戦の判定に苦言「ホームじゃなきゃ与えられないPK」

更新

ベイル&ギグスがデンマーク戦の判定に苦言「ホームじゃなきゃ与えられないPK」  ウェールズ代表のライアン・ギグス監督とギャレス・ベイルは、デンマーク代表戦の主審の判定に納得できないようだ。

<< 下に続く >>

 9日に行われたUEFAネーションズリーグでデンマーク代表と対戦したウェールズ代表だが、クリスティアン・エリクセンに2ゴールを許して0-2で敗戦。中でも、2点目につながるPKの場面で、イーサン・アンパドゥがハンドを取られた判定は正当なものではなかったと、キャプテンのベイルがイギリス『スカイスポーツ』で不満をあらわにした。

 「間違いなく問題になりかねないから多くのコメントはできない。しかし、僕にしてみればあれはペナルティではなかった。あまりにも優しすぎる判定だ。仮にあれが(デンマーク代表にとって)ホームの試合ではなかったら、与えられなかっただろう。0-1の場面ではまだ試合になっていたが、0-2になってしまってとても困難になった」

 また、ギグス監督も「後半は本当に良い入りができていた。しかし、ペナルティの判定を下された。あれはペナルティか、イエスかノーか? 私にはわからない。でも本当に厳しい判定だった」とベイルの発言に同調した。

 さらに、試合についても「彼らは前の試合を戦っていない選手ばかりだった。一方で我々の選手たちは短い期間で2試合を戦った。全体的に見れば、選手たちを責めることはできない。我々はあのペナルティの判定までは上回っていたんだ」とコメントを残した。(Goal.com)

ランキング

PR