カントナ氏、マンUの現体制に不満「モウリーニョよりペップが良かった」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

カントナ氏、マンUの現体制に不満「モウリーニョよりペップが良かった」

更新

カントナ氏、マンUの現体制に不満「モウリーニョよりペップが良かった」  かつてマンチェスターUで一時代を築いた元フランス代表MFエリック・カントナ氏は、現在チームを率いるジョゼ・モウリーニョに不満があるようだ。カントナ氏はイギリス『デイリー・メール』に対し、次のように語っている。

<< 下に続く >>

 「モウリーニョは好きだ。だが、彼が率いるべきチームはユナイテッドではないんじゃないかな。やはり指揮は(ジョゼップ)グアルディオラのような監督が良い。彼はどのクラブを率いても、魔法のようなチームを作り上げるからね」

 「マンチェスターCについて手放しで賛辞を贈るわけにはいかないが、それでもグアルディオラはやはり素晴らしいサッカーをしている。彼はバルセロナでプレーし、ヨハン・クライフからその哲学を受け継いだ人物だからね。彼のような監督はやはりユナイテッドで指導するべきだと思う」

 そしてカントナは「ただし、自分もその一人に含まれるけどね」と付け足し、自身も“指導者としてマンチェスター・Uにスペクタクルなサッカーをもたらすことができる人物である”と主張している。

 モウリーニョは“優勝請負人”としてマンチェスター・Uに招かれたものの、ここまで同チームでリーグタイトルを獲得することができず、そのうえ手堅いスタイルで“つまらない”との批判も浴びていた。かつて同チームでプレーした“ご意見番”カントナも、モウリーニョのサッカーに不満を抱いているようだ。(Goal.com)

ランキング

PR