韓国サッカー監督「日章旗が太極旗の上にある場面は…」/アジア大会 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

韓国サッカー監督「日章旗が太極旗の上にある場面は…」/アジア大会

更新

サッカー男子決勝 日本対韓国 延長前半、韓国に先制のゴールを決められる日本=ボゴール・パカンサリ競技場(撮影・納冨康)  サッカー男子ジャカルタ・アジア大会決勝(1日、韓国2-1日本、チビノン)男子の決勝で、東京五輪世代のU-21(21歳以下)代表で臨む日本は前回覇者で原則23歳以下の韓国に1-2で敗れ、2大会ぶり2度目の優勝を逃した。フル代表と兼任の森保一監督(50)が率いる日本は0-0で突入した延長前半に2失点。延長後半にFW上田綺世(20)=法大=が1点を返したが及ばなかった。

<< 下に続く >>

 韓国紙の中央日報電子版によると、3日に仁川空港に到着したキム・ハクボム監督は、日本戦の前に「選手たちに『日章旗が韓国の太極旗(テグッキ、韓国の国旗)の上にある場面は目を開けて見ることができない』と話した」とし、「選手たちが渾身の力を出して金メダルを獲得することができた」と評価したという。

ランキング

PR