森保新体制が3日始動 アジア大会終了直後も疲れ見せず「頭は切り替わっている」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

森保新体制が3日始動 アジア大会終了直後も疲れ見せず「頭は切り替わっている」

更新

 サッカー日本代表は3日から札幌市内に集合し、東京五輪男子代表と兼任する森保監督の新体制で初めての合宿に入る。監督は2日、東京五輪世代のU-21(21歳以下)日本代表で準優勝したジャカルタ・アジア大会を終え帰国。札幌市内で取材に応じ「楽な移動ではなかったが、頭は切り替わっている」と疲れを見せずに話した。

<< 下に続く >>

 日本はワールドカップ(W杯)ロシア大会で16強入りしたが、世代交代は急務。新監督は4年後のW杯や来年1月開幕のアジア・カップを見据え、20歳の堂安(フローニンゲン)や19歳の冨安(シントトロイデン)ら若手を選んだ。西野前監督と同様に団結力を重視してチームづくりを進める考えで「西野さんに学ばせていただいたことを、僕なりに展開していく」と述べた。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング55位の日本は7日、札幌ドームで同12位の強豪チリとの国際親善試合で新体制の初戦を迎える。11日には大阪・パナソニックスタジアム吹田で同32位のコスタリカと対戦する。

代表メンバーへ試合日程へ

PR