ローマSD、ストロートマン移籍に弁明「銃突きつけて強要したわけではない」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ローマSD、ストロートマン移籍に弁明「銃突きつけて強要したわけではない」

更新

ローマSD、ストロートマン移籍に弁明「銃突きつけて強要したわけではない」  マルセイユ移籍が目前に迫っているMFケヴィン・ストロートマンについて、ローマのモンチSD(スポーツディレクター)がイタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、コメントを残した。

<< 下に続く >>

 ローマは今夏、すでに守護神のGKアリソンやMFラジャ・ナインゴランを放出しているが、続いてオランダ代表MFの売却へと踏み切った。昨シーズン、チームをチャンピオンズリーグ準決勝へ導いた選手を次々と放出させるクラブに対し、ファンから悲鳴が上がったほか、『ガゼッタ・デロ・スポルト』では、26日にトリゴリアを訪れたストロートマンが涙を流していたとの情報も報じられた。『コリエレ・デロ・スポルト』は、オランダ代表MFが親しい友人に対し、「僕は売られた」と話していたとも伝えており、波紋を呼んでいた。

 このためモンチSDは27日、セリエA第2節アタランタ戦(3-3)の試合開始前に取材に応じ、ストロートマン放出の決断について弁解した。

 「ストロートマン? 誰も頭に銃を突き付けてチームを去るように強要したわけではない。これは選手、クラブ、監督の全員で出した決断だ。ローマを去るということは、彼自身も退団を望んでいるということ。ストロートマンは昨シーズン、42試合に出場した。強い選手であり、彼のことを我々は忘れない」(Goal.com)

ランキング

PR