G大阪、新加入渡辺弾も敵地逆転負け…最下位脱出も窮地脱せず - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

G大阪、新加入渡辺弾も敵地逆転負け…最下位脱出も窮地脱せず

更新

厳しい表情を見せるG大阪・宮本監督  明治安田J1第23節(19日、ユアテックスタジアム仙台ほか)G大阪は敵地で仙台に1-2で逆転負け。神戸から新加入したFW渡辺千真(32)が先制点を奪ったが、その勢いに乗り切れなかった。しかし、C大阪が長崎に2-0で勝ったため、得失点差で長崎をかわして最下位を脱出。神戸は湘南に2-0で快勝して、勝ち点を36に伸ばした。 

<< 下に続く >>

 G大阪は新戦力のFW渡辺がいきなり移籍後初ゴールを決めたにも関わらず、逆転負け。9つのタイトルを刻んだかつての常勝軍団は、勝ち方を忘れてしまった。

 「チームに勢いがつくような先制点で、目指すところは見えた前半だった。後半になってボールの失い方が悪く、失点した後にナーバスになるところが見られた」

 宮本監督は嘆いた。神戸から移籍した渡辺を合流6日目で先発起用。そのストライカーが前半27分に先制点をあげ、勢いづくには十分だった。

 しかし、追加点を奪えずにいると後半に流れが一変。9分に追いつかれて3分後の12分にオウンゴールで逆転され、そのまま敗れた。就任後1勝3分け2敗の指揮官。先制した5戦のうち4戦で勝利を逃している。

 得失点差で長崎を上回り、負けて最下位脱出の珍事となったが、まだ崖っぷち。次は26日にアウェーで鳥栖と残留争いの直接対決が待っている。 (大石豊佳)

試合結果へ

PR