急逝のアストーリ、葬儀は8日に本拠地フィレンツェで CL・ELでは黙とう実施へ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

急逝のアストーリ、葬儀は8日に本拠地フィレンツェで CL・ELでは黙とう実施へ

更新

急逝のアストーリ、葬儀は8日に本拠地フィレンツェで CL・ELでは黙とう実施へ  31歳で急逝したフィオレンティナの主将DFダヴィデ・アストーリの葬儀が8日、フィレンツェ市内のサンタ・クローチェ教会で行われる。フィオレンティナが5日、公式ウェブサイトで発表した。

<< 下に続く >>

 アストーリは3日深夜、遠征先のウディネのホテルで就寝中に帰らぬ人となった。フィオレンティナ主将の突然の死に、クラブ関係者やファンの間で動揺が広がっており、SNSでは元チームメイトらから別れの言葉が綴られた。また『メディアセット』によれば、背番号「13」を永久欠番とする案やスタジアムの名称変更などの要望も挙がっている。

 フィオレンティナの発表によれば、6日に行われる検視が終了した後、7日にアストーリの棺がフィレンツェに戻る予定となっている。市内にあるイタリアサッカー連盟のナショナル・テクニカル・センターでは、献花台が設置される。葬儀は現地時間の8日10時に予定されており、イタリアを代表する芸術家ミケランジェロや科学者ガリレオ・ガリレイら著名人の墓で有名なサンタ・クローチェ教会で執り行われる。アストーリは、2011年からイタリア代表の合宿を経験し、2015年からフィオレンティナの主軸として2年半プレーした思い出の地で、家族や友人、チームメイトらに別れを告げることになる。

 また、今週開催されるチャンピオンズリーグ(CL)およびヨーロッパリーグ(EL)の試合において、アストーリの死を悼み、キックオフの前に1分間の黙とうがささげられる。

 なおフィオレンティナの練習は6日に再開される予定となっている。(Goal.com)

ランキング

PR