C大阪・杉本、川崎との因縁対戦に腕ぶす「しっかり勝ちたい」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

C大阪・杉本、川崎との因縁対戦に腕ぶす「しっかり勝ちたい」

更新

勝利を誓った杉本。いい船出を飾りたい  2018年シーズン最初の公式戦となる富士ゼロックス・スーパーカップは10日、昨季の天皇杯王者・C大阪とJ1王者・川崎が対戦する。C大阪は9日、大阪・此花区内で調整後、試合会場の埼玉に向けて移動した。左足首手術からの復帰戦となる日本代表FW杉本健勇(25)は闘志十分。W杯イヤーの幕開けを、自らのゴールで飾る。

<< 下に続く >>

 短いオフが明けて、早くもW杯シーズンが始まる。1月1日に天皇杯を制覇したC大阪が、まずは今季最初のタイトルに挑む。左足首手術から復帰するFW杉本が腕をぶした。

 「シーズン最初の公式戦ですし、しっかり勝ちたい。それだけです」

 相手のJ王者・川崎には昨季、ルヴァン杯の決勝で2-0で勝利して目の前でタイトルを奪った。自身は開始47秒で先制弾を決めてヒーローに。「相手はリベンジするつもりで来ると思う。僕らもチャレンジャーにならないと」と身構えた。逆にFW小林にはリーグ最終節で得点王をさらわれただけに、ストライカーの直接対決でも負けられない思いは強い。この大会は9年連続でJ王者が勝利中だが、ジンクスも払拭してみせる。

 昨年12月に左足首の手術を受け、日本代表のE-1東アジア選手権、天皇杯を欠場。「こんなとこでけがして、へぼいなって。もっと強くならなアカンと思いました」。不安を抱えながらプレーしていた患部も、まったく問題なし。大事なシーズンの第一歩を、最高の形で踏み出してみせる。 (大石豊佳)

ランキング

PR