絶望のインテル指揮官「今の環境は狂気の一歩手前」 古巣ローマのファンに漏らす - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

絶望のインテル指揮官「今の環境は狂気の一歩手前」 古巣ローマのファンに漏らす

更新

絶望のインテル指揮官「今の環境は狂気の一歩手前」 古巣ローマのファンに漏らす  ルチアーノ・スパレッティは、インテルミラノの現状を嘆いている。イタリア紙『コリエレ・デラ・セーラ』が報じている。スパレッティは昨夏、ローマ監督を退任し、インテルミラノの指揮官に就任した。開幕直後は無敗の快進撃を続けたものの、12月3日のキエボ戦(5-0)以降、2カ月間にわたり勝利から遠ざかっている。一時は順位表で首位に立っていたインテルミラノだが、現在は4位へと順位を落とし、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位ローマとはわずか1ポイント差に迫っている。

<< 下に続く >>

 不満を募らせた指揮官は、1月21日のローマ戦(1-1)終了後、ミラノへ遠征していたローマサポーター数名に心境を明かしていたことが明らかになった。スパレッティは別れ際に「みんな、悪いことはするなよ」と忠告していたものの、会話はすでに録音されており、白日の下に晒されてしまったようだ。

 インテルミラノについては、「クラブがお金を出したがらず、今の環境は狂気の一歩手前だ。ローマの時のようにね。時々、うつ状態のような環境に感じる」と語り、希望した補強が整わないことに苛立ちを隠せない。またユベントス1強の時代が長らく続いたセリエAにおいて、優勝は不可能だと断言。「チャンスはあった? 選手たちに言ったらどうだ? 優勝したい? みんな分かってないな。ここミラノでもみんな分かってないさ。2チーム分(の選手層)を持つユーヴェがいたら、何も勝てやしない!」と嘆いた。

 また不和が報じられていたローマ幹部のフランチェスコ・トッティにも言及。「トッティはもう走れなかったんだよ。だから私が彼をプレーさせると、他の選手が意気消沈していたんだ」と述べ、トッティを積極的に起用しなかった理由を明かした。会長のジェームズ・パロッタ氏については、「主力選手を売ろうとしていた」と不満を漏らした。(Goal.com)

ランキング

PR