上田西、長野県勢41大会ぶり8強入り!丸山が40メートル弾/高校サッカー - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

上田西、長野県勢41大会ぶり8強入り!丸山が40メートル弾/高校サッカー

更新

驚愕の40メートル弾を決め、チームメートと喜ぶ丸山(右)。上田西が県勢初の4強入りを目指す (撮影・大橋純人)  第95回全国高校選手権3回戦(3日、帝京大可児0-5上田西、駒沢)風を味方につけた。前半40分の直接FK。まだゴールが小さく見える約40メートルの距離からMF丸山が思い切り左足を振り抜いた。大きな弧を描いたボールは風速約7メートルの風に乗り、GKの頭上を越えてネットを揺らした。

<< 下に続く >>

 「追い風なので狙っていました。先制点が鍵になると思っていたし、自分が決められてよかった」

 風上に立った前半。12分にロングスローが得意なFW田嶌を投入し、何度もパワープレーを仕掛けて流れを引き寄せた。最後の最後に文字通り“追い風”となる先制点をゲットすると、風下の後半に4点を追加。10本のシュートを浴びても無失点にしのいだ。

 長野県勢としては第55回大会の松本県ケ丘以来、41大会ぶりの準々決勝進出。甲府などでプレーした元Jリーガーの白尾秀人監督(37)は「歴史を変えられたかもしれないけれど、この子たちと少しでも長く戦いたい」。県勢初の4強入り、そして…。夢は広がる。 (大石豊佳)

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

ランキング

PR