ロシアW杯組み合わせ抽選会…ハリルJにとって最悪の組み合わせは? - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ロシアW杯組み合わせ抽選会…ハリルJにとって最悪の組み合わせは?

更新

ロシアW杯組み合わせ抽選会…ハリルJにとって最悪の組み合わせは?  2018FIFAワールドカップ ロシアのグループリーグ組み合わせ抽選会が現地時間12月1日、ロシアの首都モスクワにあるコンサートホール、クレムリンパレスで行われる。

<< 下に続く >>

 グループリーグの抽選では、各グループの実力を均衡させるため、出場32カ国を8チームずつ、4つのポットに分ける措置が取られる。このポット分けは、10月に発表されたFIFAランキングを参考とし、原則上位から8チームずつ、4つのグループに分けられる。なお、FIFAランキング8位までの国は全て出場権を獲得しているが、ポット1には開催国のロシアが入るため、10月時点で8位のスペインはポット2に入る。

 抽選はポットごとに行われ、A~Hのグループには、ポット1~4から各1チームずつが振り分けられる。44位の日本はポット4。アジアでは唯一、34位のイランが、ポット3に入っている。ただし、ヨーロッパを除き、同一地域の国は同じグループには入らない(ヨーロッパも2まで)というレギュレーションがあるため、日本がイランと同じグループになることはない。

 この条件の下、日本にとって最悪と思われる組み合わせを考える。

 ・ポット1:ブラジル

 強豪国が名を連ねるポット1の中でも、最強と目されているのが、FIFAランキング2位のブラジルだ。日本はW杯で南米のチームに勝ったことはなく、さらにブラジルとの通算成績は2分け10敗。また、ブラジル代表のエース、ネイマールは日本戦4試合に出場して8得点を記録する“日本キラー”だ。勝点1を獲得するのも難しく、さらに大量失点を喫する確率も高い、日本にとって最悪の対戦国である。

 ・ポット2:スペイン

 ポット1に南米が振り分けられたため、ポット2は北中米カリブのメキシコか、ヨーロッパのスペイン、スイス、イングランド、クロアチアのいずれかとなる。この中で最も厄介な国は、スペインで間違いない。ポット分けされた10月の時点ではFIFAランキング8位だったが、11月発表の同ランクでは6位。同ランク1位のドイツも、南アフリカ大会の王者とは対戦を避けたいはずだ。日本の対戦成績は1戦1敗。次は勝てるかもと思うのは、あまりにも楽観的だ。

 ・ポット3:スウェーデン

 ポット3の中で、日本が勝利を収めたことがない国は2つ。スウェーデンとセネガルだ。どちらも難敵だが、今大会がロシアで行われることを考慮すると、より厄介なのはスウェーデンで間違いない。FWズラタン・イブラヒモビッチは代表を引退したが、それも欧州プレーオフでイタリアを退ける勝負強さを発揮。イタリアを60年ぶりの予選敗退に追い込んだスウェーデンを相手に、日本が勝利を収めるイメージを持つことは難しい。(Goal.com)

ポット分けへ出場国一覧へ

ランキング

PR