G大阪・初瀬、鹿島・山本が初招集 ハリル監督がDF陣に求めることは? - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

G大阪・初瀬、鹿島・山本が初招集 ハリル監督がDF陣に求めることは?

更新

 日本サッカー協会(JFA)は29日、EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会に臨む日本代表メンバーを発表。初招集5名に加え、セレッソ大阪の清武弘嗣や川崎フロンターレの大島僚太らが招集復帰を果たした。

<< 下に続く >>

 DF陣の陣容は、サイドバックに西大伍(鹿島アントラーズ)、初瀬亮(ガンバ大阪)、車屋紳太郎(川崎F)、山本脩斗(鹿島)、センターバックに谷口彰悟(川崎F)、昌子源(鹿島)、三浦弦太(G大阪)、植田直通(鹿島)の計8名。初瀬と山本は初招集となる。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ代表監督は、この人選について次のように説明している。

 「右サイドに西が入りました。長い間見ている選手で、攻撃で面白い。日本人選手の多くに見られることですが、デュエルのところのパフォーマンスを上げてもらいたい」

 「初瀬はすでに五輪代表でも活躍していて、まだまだ伸びしろのある選手。右足も左足も使えて、いいキックも持っています。彼の場合も守備より攻撃のほうで面白い選手です。中盤でもプレーできます」

 「車屋と山本は左サイドで呼んでおります。車屋はここ最近ずっと代表に入っており、試合をこなすごとに成長が感じられる選手です。代表には少ない左利きでもあります。山本も長い間チェックしている選手。守備でも攻撃でもいいパフォーマンスを見せていますが、どちらかと言えば、特長は守備と強いヘディング。北朝鮮代表と中国代表は空中戦が強いため、こういった特長を持っている選手も必要だと思いました」

 「今季素晴らしいシーズンを過ごした谷口が招集されています。セットプレーでも得点を挙げていますし、ゲームの読みや予測の部分でも経験のある選手。そういうプレーで貢献してくれればと思います」

 「昌子、三浦、植田は若い選手で、これからも、まだまだ伸びる選手だと思っています。この大会は、彼らにとっても自分たちを見せる機会だと思っています」(Goal.com)

試合日程へ代表メンバーへ

ランキング

PR