ポドルスキ、左足と頭で2発!!Jデビュー戦でチームを勝利に導く - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ポドルスキ、左足と頭で2発!!Jデビュー戦でチームを勝利に導く

更新

後半、自身2点目のゴールを決めた神戸・ポドルスキ=ノエビアスタジアム神戸(撮影・甘利慈)  明治安田J1第19節第1日(29日、神戸3-1大宮、ノエス)神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)が公式戦で先発デビュー。0-0で迎えた後半4分、Jリーグ初ゴールとなる先制点を決めた。15分に大宮に追いつかれたが、17分に決勝ゴールを奪った。

<< 下に続く >>

 神戸は後半4分、FW渡辺のシュートは相手にブロックされたが、こぼれ球を味方が拾うと、最後はポドルスキがペナルティーエリア手前から左足を振り抜き、強烈なシュートをゴール右に突き刺した。

 大宮は15分、MFマテウスがMF横谷とのパス交換からペナルティーエリア右に抜け出す。ゴール前へクロスを供給すると、フリーになっていたFWトスカーノが落ち着いてゴールに流し込み同点に追いついた。

 神戸はその2分後、右サイドからMF大森がクロスを供給。ポドルスキが相手2人と競り合いながらも頭で合わせると、ボールはゴール左に吸い込まれた。

 神戸は33分、DF橋本のクロスは相手にクリアされたが、こぼれ球にMF田中英が反応。ペナルティーエリア手前から思い切り左足を振り抜きゴール右に3点目を決めた。

 ポドルスキは6日に来日し、22日の仙台との親善試合で前半のみのプレーながら1アシストを決めていた。チームは開幕から4連勝するなど序盤は好調だったが、徐々に失速し9位で夏季中断に突入。起爆剤となるべく入団した大物が、早くも実力を発揮した。

 試合結果へ

ランキング

PR