高校ラグビー9月から可能に 協会方針、12月の花園へ道開く - SANSPO.COM(サンスポ)

高校ラグビー9月から可能に 協会方針、12月の花園へ道開く

更新

 日本ラグビー協会は17日、新型コロナウイルスに対応する活動再開のガイドラインに基づき、高校生以下を対象とした9月1日以降の大会実施を可能とする方針を発表した。安全を最優先しながら、12月に大阪・東大阪市の花園ラグビー場で開幕予定の第100回全国高校大会と、出場権を懸けた地方予選の開催への道が開くことになった。

<< 下に続く >>

 第100回全国高校ラグビー大会は12月27日に開幕し、来年1月9日に決勝を予定。記念大会として、例年よりも12校多い63校が出場する。

 高校ラグビーを巡っては、コロナ禍で3月の全国選抜大会、4月下旬~5月上旬の国際大会サニックスワールドユースなどが中止に。5月には、7~8月の大会の中止と延期も発表されていた。他競技でも高校野球の春夏の甲子園大会や、夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)の開催が見送られた。

PR