“ジュラシック・パーク”大東大・浅沼樹羅、関東大学リーグ戦連覇へ誓う - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

“ジュラシック・パーク”大東大・浅沼樹羅、関東大学リーグ戦連覇へ誓う

更新

 関東大学ラグビー・リーグ戦は16日に開幕。2連覇を狙う大東大は、3年ぶりに1部に復帰した専大と対戦(秩父宮)する。FL浅沼樹羅(じゅら、4年)は「ベストを尽くしてチームをサポートしたい」と、持ち前の運動量で勝負する。

<< 下に続く >>

 埼玉・東松山市のグラウンドで練習する浅沼の右膝には、手術の痕がいくつも残る。青森・三本木農高3年から前十字靱帯(じんたい)や膝蓋骨骨折など、大学1年まで計6度、メスを入れた。高3から2年半、ラグビーができず「チームや親に迷惑をかけた。そんな思いがあるから、今の自分がある」と口元を引き締めた。

 名前の樹羅は「樹木のようにたくましく、羅針盤のように一つの道をまっすぐに」の意味だという。“ジュラシック・パーク”と呼ばれたこともたびたびあり、「恐竜のように暴れたい」と奮闘を誓った。(田中浩)

ランキング

PR