復興スタジアムで記念試合 釜石、ラグビーW杯で新設 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

復興スタジアムで記念試合 釜石、ラグビーW杯で新設

更新

試合を終えスタンドのファンと一緒に記念撮影に応じる釜石フィフティーン=釜石鵜住居復興スタジアム(撮影・蔵賢斗)  ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の試合会場で唯一新設された釜石鵜住居復興スタジアム(岩手県釜石市)で19日、こけら落としのイベントが開かれ、地元の釜石シーウェイブス(SW)とトップリーグのヤマハ発動機が記念試合を行った。

<< 下に続く >>

 建設された場所は震災の津波で全壊した小中学校の跡地。両チームは震災3カ月後に復興支援の試合をしたことから再戦が組まれ、この日は試合前に黙とうをささげた。釜石SWは24-29で敗れたが、観客から何度も「釜石」コールが沸き起こった。終了間際にトライを奪うと大歓声が上がり、新日鉄釜石(現釜石SW)OBの桜庭吉彦監督は「未来につながる試合。ここからが本当のキックオフ」と感極まった。

 スタジアムは7月末に完成し、常設は6000席。W杯では仮設を含めて約1万6000人収容となり、1次リーグ2試合が行われる。

森喜朗・日本ラグビー協会名誉会長の話「ここに立てたことは私にとって生涯の大きな財産になった。来年はここに世界中の人が集まるのを楽しみにしたい。やっぱり釜石はすごい。半端じゃない」

神戸製鋼、釜石シーウェイブスでプレーした伊藤剛臣さんの話「最高のスタジアム。(OB戦では)釜石でトライができて最高だった。スタジアムが復興に進む姿を発信していく場所になってほしい」

野田武則・岩手県釜石市長の話「全国、全世界にラグビーの素晴らしさを発信する拠点にしたい。来年のW杯に向けてさらに整備を進め、世界の選手が素晴らしいスタジアムだと評価してもらえるようにしたい」

清宮克幸・ヤマハ発動機監督の話「新しいスタジアムで絆を深められたことをうれしく思う。選手全員がこの釜石の1日に恥じない、いいプレーをしていた。日本中のラグビーファンがこの街を愛している。W杯で成功してほしい」

嶋津昭・2019年ラグビーW杯日本大会組織委員会事務総長の話「釜石で行われるW杯の試合は海外からのチケットの申し込みも多い。震災復興を世界に発信する重要なスタジアムになると確信している」

小野航大・釜石シーウェイブス主将の話「いいチャレンジができた。復興の象徴であるスタジアムでこういう試合ができたのは意味のあることだと思う」

ランキング

PR