車いすラグビーで日本初V! ケビン監督「面白い時代に入った」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

車いすラグビーで日本初V! ケビン監督「面白い時代に入った」

更新

車いすラグビーの世界選手権で優勝し、喜ぶ日本代表=シドニー(共同)  車いすラグビーの世界選手権は10日、シドニーで決勝が行われ、リオデジャネイロ・パラリンピック銅メダルの日本はリオ大会金メダルのオーストラリアを62-61で破り、初優勝した。車いすラグビーで日本が世界の頂点に立つのは、パラリンピック、世界選手権を通じて初の快挙。

<< 下に続く >>

 日本はリオ大会銀の米国に勝った9日の準決勝に続き、格上を撃破した。2年後に自国で開催される東京大会へ向け、大きく弾みをつけた。(共同)

池崎大輔の話「大きな大会でチャンピオンになることができた。たくさんの人に支えられている感謝の気持ちの集大成として恩返しできたことがうれしい。2020年の東京パラリンピックで同じ結果を出せるようにしたい」

ケビン・オアー日本代表監督の話「この優勝は2020年東京パラリンピックに向け、大きな弾みとなる。われわれが強いということを世界に知らしめたい。日本の車いすラグビーは面白い時代に入った」

倉橋香衣の話「楽しかった。自分たちでやろうと決めたことを一丸となってやれた。2年後の東京パラリンピックでも優勝するためにはまだやるべきことがある。チームとしても個人としても向上していければと思う」

池透暢の話「最高だ。オーストラリアに追い詰められて崩れそうになったが、諦めない、最後までやりきることをチーム全員で信じたことが勝因。周りの選手たちが支えてくれたおかげで主将としてみんなを引っ張ることができた」

岸光太郎の話「頂点に立てたが、チャレンジャーという気持ちを忘れずにいたい。親子ほど年の離れている仲間もおり、東京パラリンピックに向けて新しい選手も入ってくると思うが、切磋琢磨して東京でも結果を残せたらと思う」

羽賀理之の話「ずっと目標にしていた世界一を取れて本当にうれしい。家族の支えもあったし、日本で応援してくれた方にも感謝の気持ちを伝えたい。東京パラリンピックでメダルを取れるようにチーム一丸で頑張っていきたい」

乗松聖矢の話「チームで決めたことを第4ピリオドまでやり切ったことが、勝ちにつながった。この大会で勝ち切れた経験が(2020年東京パラリンピックで)金を取るために大きなアドバンテージになる」

橋本勝也の話「足りないことがたくさんあることは分かっている。一つ一つの課題をクリアしていきたい。(2年後の東京パラリンピックでは)ベンチに入りたいし、できるなら一秒でも長くプレーしたい」

ランキング

PR