日本男子がケニア破り15位 後半、副島が逆転トライ/7人制 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

日本男子がケニア破り15位 後半、副島が逆転トライ/7人制

更新

ケニア戦の後半、突進する日本の松井=サンフランシスコ(共同)  ラグビー7人制のワールドカップ(W杯)最終日は22日、米サンフランシスコで行われ、男子の日本は13~16位決定予備戦でロシアに20-26で競り負けたが、続く15、16位決定戦でケニアに26-14で勝ち、15位で大会を終えた。決勝はニュージーランドがイングランドに33-12で勝ち、2大会連続3度目の優勝を果たした。

<< 下に続く >>

 日本はロシア戦で序盤から3連続トライを許すなど5-19で前半を折り返した。後半は2トライなどで追い上げ一時1点リードしたが、終盤にトライを許して逆転負けした。ケニア戦は2点を追う後半に副島が逆転トライを挙げ、終盤にも1トライを重ねた。

小沢大主将の話「最後にケニアに勝って終われたのは良かった。攻撃でボールを持てば通用すると感じた。今までやってきたことは間違いではない。意識を高く持って練習したい」

副島亀里ララボウラティアナラの話「(大会を通して)日本の粘り強さが大事だと思って臨んだ。新しいメンバーになったが、一緒の時間を過ごしてきていい方向に向かっている。改善すべき点は全てにあると思う」

岩渕健輔・7人制男子日本代表ヘッドコーチの話「今の実力がそのまま結果に出た。勝つチャンスがある試合もあったので反省は大きい。(体力面の強化は)相当やらないといけない」

ランキング

PR