【サンウルブズ新戦力】練習生の荒井、9番争いで下克上だ! - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【サンウルブズ新戦力】練習生の荒井、9番争いで下克上だ!

更新

9番争いで下克上を狙う荒井  ブランビーズとのスーパーラグビー(SR)開幕戦(24日)へ向けた北九州合宿は8日、午前、午後の練習で打ち上げた。SH荒井康植(24)=キヤノン=は参加メンバー中、ただ一人の練習生。帝京大で1年先輩の流大(ながれ・ゆたか、25)=サントリー=ら3人の正SHに、“雑草魂”でポジション争いを挑む。

<< 下に続く >>

 “第4の男”荒井が「9番」を狙う。

 「呼ばれたときは、まさか自分がという気持ち。練習生からのメンバー入りを目指します」

 母校の帝京大、所属するキヤノンと不動のレギュラーではないが、切れのあるパスと俊足を買われてサンウルブズに招かれた。19歳以下日本代表でアジアの大会は経験しても、世界レベルの舞台は初挑戦になる。

 SHでのメンバー入りは、通常なら先発と控えの2人。遠征中のけがなどを考慮しても3枠が上限だ。荒井が選ばれるには主将を務める流、田中史朗(33)=パナソニック、内田啓太(27)=パナソニック=のうち、少なくとも1人を追い抜くしかない。

 大分、北九州合宿を終えた荒井は「もっと自分を高める必要がある。今は、あらゆるものを吸収するとき」。自慢の攻撃力を武器に、9番争いで下克上を起こす。(吉田宏)

荒井 康植(あらい・こうき)

 1993(平成5)年5月14日生まれ。24歳。北九州市出身。小1でラグビーを始め、佐賀工高-帝京大-キヤノン。兄・基植は中国電力CTB。1メートル74、80キロ。

試合日程へメンバーへ

ランキング

PR