ザギトワ、秋田犬に「マサル」と命名 到着を心待ち/フィギュア - SANSPO.COM(サンスポ)

ザギトワ、秋田犬に「マサル」と命名 到着を心待ち/フィギュア

更新

秋田県の佐竹知事らからザギトワへ贈られる秋田犬(写真は資料、秋田県提供)  平昌五輪フィギュアスケート女子で、「ロシアからの五輪選手(OAR)」として金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ(15)が4日、日本から贈られることになった秋田犬(あきたいぬ)の名前を「マサル」とする考えを明らかにした。

<< 下に続く >>

 ロシアメディアによると、モスクワでのアイスショー後にザギトワは、「マサルという名前に決めたの。女の子です。日本語で勝利っていう意味ですよね」と話した。「今は到着を待っています」と笑顔も見せた。

 ザギトワは五輪前に新潟で調整した際に、雑誌で秋田犬の写真を見てひと目ぼれ。「忠犬ハチ公」を例に挙げて「私もあんな忠実な友だちがほしい」と熱望していた。その思いを知った秋田県の佐竹敬久知事らが、贈呈の意向を示していた。

 一方、写真共有アプリ、インスタグラムのザギトワのアカウントには、ファンから「雌だったらマサコの方が」「考え直した方がいい」などのコメントが寄せられている。

平昌五輪特集へ

PR