下町ボブスレー使わなかったジャマイカ組は19位、独組が優勝/ボブスレー - SANSPO.COM(サンスポ)

下町ボブスレー使わなかったジャマイカ組は19位、独組が優勝/ボブスレー

更新

女子2人乗りで初優勝したドイツのヤマンカ(手前)、ブックウィッツ組=平昌(ゲッティ=共同)  平昌五輪第13日(21日、五輪スライディングセンター)ボブスレー女子2人乗りは後半の3、4回戦が行われ、マリアマ・ヤマンカ、リザマリー・ブックウィッツ組(ドイツ)が前半のトップを守って合計3分22秒45で初優勝した。ドイツ勢の優勝は3大会ぶり。

<< 下に続く >>

 エラナ・マイヤーズテーラー、ローレン・ギブス組(米国)が2位、パイロットで3連覇を狙ったケーリー・ハンフリーズと陸上女子100メートル障害でロンドン、リオデジャネイロ両五輪代表のフィリシア・ジョージ組(カナダ)は3位だった。

 「下町ボブスレー」で五輪参戦する契約を結んでいながら外国製のそりで出場したジャマイカ組は19位だった。日本は出場していない。(共同)

詳細結果へ平昌五輪特集へ

PR