【レッスンガイド】中島敏雅の「大きめボールで肘をたたもう」編 - SANSPO.COM(サンスポ)

【レッスンガイド】中島敏雅の「大きめボールで肘をたたもう」編

更新

 女子ゴルフの西村優菜(20)や吉本ひかる(21)らを指導する中島敏雅コーチ(48)=ゴルフアカデミー中島代表=によるレッスン連載「効率よく飛ばそう」。大阪サンケイスポーツ運動部の白石大地デスク(42)が、5時間のレッスンで約30ヤードの飛距離アップに成功した方法を紹介します。第3回は、大きめのボールを使って、肘のたたみ方を覚えます。(取材構成・白石大地、撮影・榎本雅弘)

<< 下に続く >>

 前回のレッスンでは左腕だけでトップの位置に持っていき、右手を添えて形を作る練習をしました。実際のスイングでは両手を使いますが、白石さんは肘のたたみ方がうまくないので、トップの位置が低くなったり、フォローも小さくなってしまっています。肘のたたみ方を覚えるため、ボールを使いましょう。

 サッカーボールほどの大きさがいいですね。まずは両手で挟んで持ち上げてください。両脇が自然に閉まっていることが感じられるはずです。ボールを持ち上げるイメージがあれば、両脇は勝手に閉まるものなのです。反対に、両脇を閉めようとすると、体全体に余計な力が入ってしまい、力みにつながってしまいます。

 ボールを持ち上げて、両脇が適度に閉まった状態でテークバックします。トップを作ったときに、ボールがどの位置にあるか確認してください。後ろから見ると、白石さんは背中側にボールがあることがわかります。右脇が開いているため、ボールを高く上げることができず、体の軸から外れています。右肘がうまくたためていないので、ダウンスイングで右腕を使いすぎることにつながるわけです。

 アドレスでボールを持ったときに両脇が自然に閉まりましたが、その感覚をキープしたままバックスイングしてください。右脇が開くことなく右肘がうまくたためて、高いトップに持っていけるようになります。

 フォローからフィニッシュにかけても、両脇を閉めたまま持ったボールの位置に気をつけます。白石さんは左肘がうまくたためず、ここでもボールが体の外側に外れています。胸の正面にボールがあれば、左肘がきちんとたためている証拠です。そのままボールを左肩に乗せていくような動きになれば、きれいなフィニッシュが決まるはずです。

★「サンスポ見た」で割引します

 「ゴルフアカデミー中島」では、アマチュアのレッスンを受け付けている。予約時に「サンスポを見た」と告げれば、3時間レッスン通常1万6500円が1万1000円に。完全マンツーマンレッスンで、内容はドライバー飛距離アップメソッド、天然芝から打つ50ヤード以内のアプローチレッスン、最新パター解析器キャプト使用によるパターレッスン。期間は3月31日まで。(担当コーチ濱崎/市場)

◆ゴルフアカデミー中島

 ★所在地 兵庫県三木市吉川町福井字小西谷534の1(花屋敷GCよかわコース内)

 ★営業時間 午前9時-午後5時(月曜定休)

 ★料金 1日レッスン3万3000円(2~4人の場合は1人2万7500円)。ほかに半日、ラウンドレッスンあり

 ★アクセス 中国自動車道・吉川ICから約5分

 ★問い合わせ 0794・72・2014

中島 敏雅(なかじま・としまさ)

 1972(昭和47)年12月11日生まれ、48歳。東京都出身。15歳でゴルフを始める。日大卒業後、2001年「フジサンケイクラシック」でツアーデビューし、02年「久光製薬KBCオーガスタ」2位など。14年に「ゴルフアカデミー中島」を設立してジュニアからプロまで幅広く指導している。169センチ、78キロ。

PR

×