【レッスンガイド】中島敏雅の「左腕の使い方をマスター」編 - SANSPO.COM(サンスポ)

【レッスンガイド】中島敏雅の「左腕の使い方をマスター」編

更新

 女子ゴルフの西村優菜(20)や吉本ひかる(21)らを指導する中島敏雅コーチ(48)=ゴルフアカデミー中島代表=によるレッスン連載「効率よく飛ばそう」。大阪サンケイスポーツ運動部の白石大地デスク(42)が、5時間のレッスンで約30ヤードの飛距離アップに成功した方法を紹介します。第2回は、左腕の使い方をマスター。左腕を意識すれば、スイングアークが大きくなります。(取材構成・白石大地、撮影・榎本雅弘)

<< 下に続く >>

 白石さんは右腕を使いすぎていますね。右利きのアマチュアの方に多いパターンでもあります。もっと左腕を使う練習をしていきましょう。左腕を大きく使うことでヘッドスピードが速くなります。さらにインパクトゾーンが長くなって、正確性が高くなります。

 白石さんはトップの位置が低く、テークバックがかなり小さいです。右脇を締めすぎていて、左腕にブレーキがかかってしまっているので、高く上げることができません。まずは左腕を上げることから始めましょう。左腕だけでトップにもっていき、そこに右手を添えればトップの形ができます。

 コックの使い方も覚えてください。白石さんは右腕が強すぎて、まったくコックができていません。ここでもポイントは左腕です。左手首を親指側に折りながらクラブを上げると、シャフトが次第に地面と平行に近づいていきます。コックを使うことでトップでタメができて、シャフトのしなりが生かせるようになります。それが飛距離につながるわけです。

 フィニッシュの形も直さないといけませんね。左肘が下がって左腕が使えていない状態なので、体が回りきっていません。フィニッシュではしっかり肩の高さまで左肘を上げて、左腕を90度に曲げて体を回してください。あとは左肘が外側にいかず、内側にたたむようにすれば、いいフィニッシュの形ができあがります。スイングアークが大きくなりそうですね。

 テークバックとフィニッシュの練習は、ドライバーを持たなくてもできます。うちのアカデミーではホームセンターで売っている短い木の棒を使うこともあります。家の中でも靴べらなどを使って練習できるので、ぜひみなさんもチェックしてみてください。

★ゴルフアカデミー中島「サンスポ見た」で割引

 「ゴルフアカデミー中島」では、アマチュアのレッスンを受け付けている。予約時に「サンスポを見た」と告げれば、3時間レッスン通常1万6500円が1万1000円に。完全マンツーマンレッスンで、内容はドライバー飛距離アップメソッド、天然芝から打つ50ヤード以内のアプローチレッスン、最新パター解析器キャプト使用によるパターレッスン。期間は3月31日まで。(担当コーチ濱崎/市場)

◆ゴルフアカデミー中島

 ★所在地 兵庫県三木市吉川町福井字小西谷534の1(花屋敷GCよかわコース内)

 ★営業時間 午前9時-午後5時(月曜定休)

 ★料金 1日レッスン3万3000円(2~4人の場合は1人2万7500円)。ほかに半日、ラウンドレッスンあり

 ★アクセス 中国自動車道・吉川ICから約5分

 ★問い合わせ 0794・72・2014

中島 敏雅(なかじま・としまさ)

 1972(昭和47)年12月11日生まれ、48歳。東京都出身。15歳でゴルフを始める。日大卒業後、2001年「フジサンケイクラシック」でツアーデビューし、02年「久光製薬KBCオーガスタ」2位など。14年に「ゴルフアカデミー中島」を設立してジュニアからプロまで幅広く指導している。169センチ、78キロ。

PR

×