【レッスンガイド】田原匠、スイング分析とアドバイス - SANSPO.COM(サンスポ)

【レッスンガイド】田原匠、スイング分析とアドバイス

更新

 東京・丸の内のインドアゴルフ施設「ブリヂストンゴルフガーデンTOKYO」で昨年10月に開催されたオンラインイベント「おうちでできるスキルアップ!」。田原匠プロ(41)が行ったレッスン「スイング分析とアドバイス」は大きな反響があった。今回はその中から、クラブの軌道に関して再度詳しく解説。分かっているようで分かっていない“本当に正しい軌道”を習得しよう。(取材構成・出島正登、撮影・土谷創造)

<< 下に続く >>

 アマチュアゴルファーの傾向として特に多いのが、インパクトで体が伸び上がることです。なぜ伸び上がるのかというと、飛ばそうとしてトップから手でクラブを下ろす意識が強いからです。理想は手ではなく、体でクラブを下ろすこと。そのためには正しいトップ位置と正しい軌道が必要になります。

 どこが理想のトップ位置なのかを認識していますか? 分かっているようで分かっていない人がほとんどだと思います。自分にとって最適なトップ位置を作るには、どのようにクラブを上げるか、要は軌道が重要です。その理想の軌道を見つける方法をお教えしましょう。

 左右の手の人さし指だけでクラブを支えます。グリップエンド側を左手人さし指、右手人さし指をグリップの根本あたりにセットします。このとき、右手人さし指はクラブの下から、左手人さし指は上から押さえるようにして、左右の指に均等に重さがかかる角度をテークバックの肩の高さあたりで見つけてください。左指に重さがかかり過ぎていると感じるのは、シャフトが寝ていることを意味します。シャフトが地面に落ちてしまう場合は、シャフトが立ち過ぎていることになります。

 バランスが取れている角度でクラブを上げると、その先にトップ位置があると考えてください。重力に逆らわずクラブを上げることが重要で、それに逆らって上げようとするからダウンスイングで手を使ってしまうことになるのです。

 さらに、クラブをアドレスから腰の高さまであげる動きも非常に重要で、ここで手を使ってしまうと結局は手打ちになってしまいます。ポイントはアドレスから両腕の三角形を崩さずに手元を腰の高さまで上げたときに、リーディングエッジのラインと自分の胸の中心が平行になるようにすることです。

 ポロシャツのボタンのラインなどを目安にするといいかもしれません。この動きと、前述したシャフトを上げていく角度を組み合わせれば理想的なテークバックからトップを作ることができます。これができれば体でクラブを下ろせるので、インパクトで体が伸び上がることはありません。

◆ブリヂストンゴルフガーデンTOKYO

 ブリヂストン直営のインドアゴルフ施設。東京駅丸の内北口から徒歩3分というアクセスのいい場所にあり、「一人一人のゴルファーを生涯にわたりサポート」をモットーに「最高のゴルフ体験」を提供する。レッスン会、個人指導、フィッティングだけでなくクラブ工房も併設している。東京都千代田区丸の内1丁目6番1号丸の内センタービルディング1階。電話03・5218・1011。

田原 匠(たはら・たくみ)

 1979(昭和54)年2月18日生まれ、41歳。神奈川県出身。公益社団法人日本プロゴルフ協会会員、BSGA認定インストラクターで「ブリヂストンゴルフガーデンTOKYO」ではマスターフィッターを務める。

PR

×