高田・森田組がV ダブルスマッチプレー選手権 - SANSPO.COM(サンスポ)

高田・森田組がV ダブルスマッチプレー選手権

更新

 アマチュアダブルスゴルフの頂点を決める「サンケイスポーツダブルスマッチプレーゴルフ選手権2020」決勝が11日、静岡・川奈ホテルGC富士Cで開催され、高田弘司(40)・森田廣宣(58)組が、水口淳司(58)・塩月純生(41)組を3アンド2で退けて優勝した。

<< 下に続く >>

 競技はチームのベストスコアが優先され、同スコアの場合は2人の合計スコアで決まる18ホールマッチ&ストロークプレー方式。高田・森田組は序盤からリードを奪うと“川奈のアーメンコーナー”とされる15番(パー5)、16番(パー3)で森田が連続バーディー奪取。勝利を決めた。「ゴルフはチームワークですね。お互い信頼し合いながらプレーすることが大事です」と勝者の2人から笑みがこぼれた。

 なお、大会は検温、消毒、マスク着用の義務付けと3密回避など感染症対策を徹底しながら実施した。

PR

×