キャディーの妻と歓喜の抱擁♪河村悲願V 賞金王は寺西/国内シニア - SANSPO.COM(サンスポ)

キャディーの妻と歓喜の抱擁♪河村悲願V 賞金王は寺西/国内シニア

更新

 コロナ禍で4月から延期された大会で、今季最終戦。2打差の首位から出た河村雅之(53)=安芸CC=が2バーディー、1ボギーの71で回り、通算5アンダーで逃げ切り初優勝を飾った。26位の寺西明(54)=安原HD=が日本選手では2015年の室田淳以来5年ぶり、自身初の賞金王に輝いた。

<< 下に続く >>

 ▼「泡盛を浴びるほど飲みます」

 これで一緒に勝利の美酒を味わえる。雨まじりの強風が吹きつける最終18番(パー5)グリーン。シニア4年目の最終戦を制した河村が、キャディーを務める妻の寛子さん(45)と歓喜の抱擁を交わした。

 「やっと夢をかなえてあげることができた。僕よりも優勝を待っていましたから。今夜は泡盛を浴びるほど飲みます」

 レギュラーツアーでは3勝しているが、4年前の結婚後では初制覇。「私が付かない方がいいんじゃないかと話し合ったこともあったので、うれしいです」という寛子さんはラウンド中、何度もガッツポーズをして夫を鼓舞し続けた。

 ▼悪天候も逃げ切った 通算5アンダー

 夫婦の息がピッタリだったのはグリーン上。同じ最終組の白潟英純に並ばれた直後の14番(パー3)だった。8メートルのスライスラインを読み切ってバーディー。再びリードを奪った。「よくラインを読んでくれた」と河村。その後も1-2メートルのパットを決めて逃げ切った。

 左肘痛をテーピングで抑えながら、悪天候の中でも2日間崩れなかった。「来週も試合があればいいのに」というのは本音だろう。(田代学)

PR

×