東聡、17番トリプルボギーも1打差2位 「敵は多くなった」/国内シニア - SANSPO.COM(サンスポ)

東聡、17番トリプルボギーも1打差2位 「敵は多くなった」/国内シニア

更新

 「いわさき白露シニア」 第2日(28日、鹿児島・いぶすきGC開聞C=6995ヤード、パー72)

<< 下に続く >>

 首位と3打差の5位から出た東聡(60)=フリー=が5バーディー、2ボギー、1トリプルボギーのイーブンパーで回り、首位と1打差の通算4アンダー、2位に浮上した。

 強い北風の影響で上位陣が軒並み崩れる中、後半15番(パー4)で残り20ヤードからチップインバーディーを奪うなどスコアを伸ばした。しかし17番(パー3)でティーショットを池に入れると、さらに3パットを喫してトリプルボギー。「まっすぐ飛んでピンの近くかなと思ったんだけど…」と表情を曇らせた。

 2017年大会では、1打及ばず2位に終わった。「敵は多くなったけど、まだ1日ある」。最終日に、3年前の雪辱を果たす。

PR

×