【かめはめレッスン】亀代順哉のパッティング、グリップを平行に動かそう - SANSPO.COM(サンスポ)

【かめはめレッスン】亀代順哉のパッティング、グリップを平行に動かそう

更新

ややヘッドを浮かせるとグリップが緩まない  昨年の「AIG全英女子オープン」を制した渋野日向子(21)と同じ青木翔コーチ(37)に師事している“しぶこの兄弟子”、亀代順哉プロ(25)による「かめはめレッスン」の最終回は、パッティング編です。ヘッドの動きではなく、グリップの動きを意識することでパッティングを安定させる方法を伝授します。 (取材構成・白石大地、協力・ゴールデンバレーゴルフ倶楽部)

<< 下に続く >>

 パッティングでは、グリップを平行移動させることが大事です。アマチュアの方は、パターのヘッドの動きだけを気にしている場合が多いようです。ヘッドを真っすぐ動かせばボールも真っすぐ転がるだろう、という固定観念があるのだろうと思います。しかしヘッドを動かそうとすると手だけで打つことにつながり、ストロークが安定しません。

 最初に構えたときにフェース面が打ちたい方向に向いていることを確認した後は、グリップの動きに集中してください。グリップを真横にスライドするだけで、真っすぐ転がってくれます。グリップを意識することで肩の動きとの一体感が出て、ショートパットが安定し、グリップを動かした幅でロングパットの距離感もつかめるようになります。あとは、アドレスでの肩と腕のラインを結んだ五角形が崩れないようにすればいいです。

 プロとアマを比べると、ヘッドが動く量はアマの方が倍以上あるのではないでしょうか。ヘッドが先に動いて、グリップが後からついてくる感じで打つアマチュアの方をよく見かけます。でも、グリップが先に動いてヘッドがついてくる感覚の方がいいですね。実は僕も以前はヘッドから動かしていましたが、パッティングが上手な選手の練習を見ているとヘッドの動く量が少ないことに気づきました。それからは“グリップ先行”を心がけています。

 パンチが入ってカップを大きくオーバーしてしまう人は、ヘッドを地面から少し浮かせて構えてみてください。地面にヘッドがついている状態で構えて、打つ前に少し浮かす人が多いと思いますが、一度緩んだグリップに力が入ってパンチの原因になります。

 最初からヘッドを少し浮かせておけばグリップが緩まず、握る力が一定のまま打つことができます。緊張した場面では特にパンチが入りやすいので、おすすめです。マーカーが入るかどうかくらい、ほんの少し浮かすだけでいいです。

 海外の選手を見ていると、半数以上がショットのときもヘッドを浮かせて構えてから打っています。グリッププレッシャーを変えずにショットすることを重視しているためです。これはパッティングでも同じです。

 これで今回の僕のレッスンは終了です。ぜひ、参考にしてみてください。 (おわり)

亀代 順哉(かめしろ・じゅんや)

 1995(平成7)年2月7日生まれ、25歳。徳島県出身。10歳からゴルフを始める。香川西高から大阪学院大。同大在学中の2016年「東建ホームメイトカップ」で6位に入り、ベストアマ。同年「日本アマ」優勝。同年12月にプロ転向し、17年「シンガポールオープン」でプロデビュー。得意クラブはドライバー。167センチ、85キロ。

PR