【コースNAVI~元虎戦士がぶっ飛ばす!~】滋賀カントリー倶楽部 まるで日本庭園、グリーン後方に観音様 - SANSPO.COM(サンスポ)

【コースNAVI~元虎戦士がぶっ飛ばす!~】滋賀カントリー倶楽部 まるで日本庭園、グリーン後方に観音様

更新

池越えの11番。バンカーも効いている  「滋賀カントリー倶楽部」(滋賀県甲賀市)は、日本庭園風の落ち着いた雰囲気を醸し出すコースだ。広々としたフェアウエーへの豪快なショットに加え、随所に配置されたバンカーやアンジュレーションのあるグリーンに挑戦意欲がかきたてられる。阪神タイガースOBの上田二朗氏(本紙専属評論家)が、くつろぎのラウンドを楽しんだ。

<< 下に続く >>

 たぬきで有名な信楽の山に、日本庭園風のコースが広がっている。大きく育った松やひのきが各ホールをセパレート。広く伸びやかなフェアウエーが安堵感を誘う滋賀CCは、ゴルファーにくつろぎを与えてくれる。

 同CCの象徴は12番(パー5)だ。まず目につくのが3打目付近のフェアウエー右のバンカーにある灯ろう。そして、絶対に見逃してはいけないのが観音様だ。花道からグリーンに上がったとき、右後方を振り返ってもらいたい。巨岩の上に黄金の観音様が建っている。同CC造成時、伐採した樹木や山の生物を供養するために建てられたという。大事なパットを打つ前に拝んでみたらいかがだろう。ボールがカップに吸い込まれ、最高の結果に結びつくかもしれない。

 この日、上田氏はインコースからプレー。14番(パー4)では2打目を1・5メートルにつけてバーディーを奪った。「コースが広々としているね。OBは出にくい。雰囲気も落ち着いていて、どっしりしている」。アウトコースの後半に入ってショットがキレキレ。9ホール中6ホールでパーオンに成功し「フラットで回りやすいね」と大満足だ。

 随所に配置されたバンカーやアンジュレーションのあるグリーンに挑戦意欲がかきたてられる。豪快なティーショットが打てる一方、2打目以降は正確さも要求される。グリーンは1メートル間隔で傾斜が変わる場所もあるほど。上田氏は「2段グリーンもあるし、乗せるところによっては3パットを覚悟しないといけない。だからこそ、ショットが大事になってくるね」とコース攻略のポイントを話した。

 日本庭園のような美しさが魅力の滋賀CC。アクティブなプレーヤーを魅了し、テクニックの上達とともに、ゴルフ本来の醍醐味を味わうことができる。

★会員募集中

 滋賀CCは新規会員(ゴールド正会員)を募集している。募集金額は30万円(全額預託金『据置期限/会社解散時』)、年会費は3万6000円(税別)。信和ゴルフグループ7コース、信楽高原ホテルをメンバー料金で利用できる。

★夏バテ予防に「鰻玉膳」

 滋賀CCのおすすめランチは「鰻玉膳」(1800円)。ふわふわの卵と鰻は相性ばっちり。夏バテ予防にぴったりだ。小鉢、みそ汁、漬物付き。プラス250円でみそ汁をそうめんに変更可能。

滋賀カントリー倶楽部

 ★所在地 滋賀県甲賀市信楽町上朝宮1224  ★開場 1976年10月 ★設計 金子安三 ★グリーン ベント ★練習場 260ヤード・16打席、アプローチ・バンカー練習場あり ★アクセス 新名神高速道路・信楽ICから約15分 ★問い合わせ 0748・82・1961

PR