【かめはめレッスン】“しぶこの兄弟子”が伝授!どっしりとした”アドレスの作り方 - SANSPO.COM(サンスポ)

【かめはめレッスン】“しぶこの兄弟子”が伝授!どっしりとした”アドレスの作り方

更新

バーベルを持ち上げるような感覚でアドレスを作るとよい  ドライバー平均飛距離310ヤードを誇る亀代順哉プロ(25)による「かめはめレッスン」がスタートです。昨年の「AIG全英女子オープン」を制した渋野日向子(21)と同じ青木翔コーチ(37)に師事している“しぶこの兄弟子”は今回、飛距離を出すための“どっしりとした”アドレスの作り方を伝授します。(取材構成・白石大地、協力・ゴールデンバレーゴルフ倶楽部)

<< 下に続く >>

 僕は飛距離を大きな武器としています。アマチュアの方から「どうやったらそんなに飛ぶの?」と聞かれることがあります。飛ばすには、まずアドレスが大事です。

 きれいに立とうとしているアマチュアの方が多いように感じます。見た目がきれいな方がいいと思っているようですが、それよりもボールに最もパワーを伝えられるインパクトができるアドレスを作らないといけません。もちろん股関節から曲げて前傾姿勢を作り、背筋を伸ばすことで体に負担がかかりにくくなり、効率よく体を回しやすくなります。それも大事ですが、遠くに飛ばすためには、どっしりとしたアドレスが必要です。

 僕は両足裏とおへそを結んだ三角形を意識しています。その意識が、足の裏でしっかり踏ん張ることにつながります。踏ん張ることができなければ、スエーの原因にもなってしまいます。プロアマなどで一緒に回ったアマチュアの方には、「足の裏を意識すればパワーが伝わります」とアドバイスしています。

 バーベルなど重いものは、足の裏でしっかり踏ん張らないと持ち上がりません。僕は重いものを持ち上げるときの“途中の姿勢”がアドレスだと捉えています。腹筋にも常に力が入っている状態です。あとは腕を下に垂らして、気持ちよく打てると思えるポイントで構えてください。

 人間の体重を支えるのは、足の少し外側にある立方骨です。足裏の外側で踏ん張ると安定します。がに股に近いアドレスになりますが、がに股だけ意識すると内側が浮いてしまうので、べた足はキープするようにしてください。すると、お尻に体重がかかってきます。トップで右のお尻と右足にパワーをためられるようになります。

 内股で構えたり、足裏の内側で踏ん張ろうとするとバックスイング中に耐えられなくなり、右の膝が外側に流れてしまいます。飛ばすために必要な捻転ができなくなるので、注意してください。

 まずはどっしりとしたアドレスを作り、飛ばすための準備をしてもらいたいと思います。

★「型にはめない教え方」青木コーチに師事

 亀代は高校1年のときから青木コーチに指導を受けている。「青木コーチは型にはめない教え方をしてくれます」。昨年の「AIG全英女子オープン」で日本選手42年ぶりのメジャー優勝を果たした渋野も、青木コーチから指導を受ける一人。渋野とのラウンド経験もある亀代は「しぶちゃんはとにかく思い切りがいいですね」と絶賛している。

亀代 順哉(かめしろ・じゅんや)

 1995(平成7)年2月7日生まれ、25歳。徳島県出身。10歳からゴルフを始める。香川西高から大阪学院大。同大在学中の2016年「東建ホームメイトカップ」で6位に入り、ベストアマ。同年「日本アマ」優勝。同年12月にプロ転向し、17年「シンガポールオープン」でプロデビュー。得意クラブはドライバー。167センチ、85キロ。

PR