勝、17番でホールインワン 通算11アンダー4位/国内女子 - SANSPO.COM(サンスポ)

勝、17番でホールインワン 通算11アンダー4位/国内女子

更新

17番ホールでホールインワンを達成 カップインしたボールをピックアップした勝みなみ (撮影・戸加里真司)  伊藤園レディス最終日(17日、千葉・グレートアイランドC=6741ヤード、パー72)日本選手として初の3週連続優勝を達成した鈴木愛(25)=セールスフォース=は快挙を喜びつつ、2年ぶりの賞金女王に向けて気を引き締めた。勝みなみ(21)=明治安田生命=がホールインワンを達成するなど、通算11アンダーで4位。同学年で男子ツアーを制した金谷拓実を祝福した。

<< 下に続く >>

 ホールインワン賞500万円が懸かった197ヤードの17番(パー3)で、勝がエースを達成した。4番ユーティリティーで放った一打はカップの1メートル手前に落ち、カップイン。ギャラリーの大歓声で知ったプロ3年目の初快挙にバンザイだった。

 「ようやくです。通算6度目だけど、プロでは初めて。入ったところは見てなくて、『わー』という声で分かりました。まず貯金します」

 左に大きく池が広がる名物ホールでのホールインワンは、2014年の下川めぐみ以来4人目。大会連覇がかかる次戦の「大王製紙エリエールレディス」に向けて、「がんがんやります」と笑顔が輝いた。

 男子ツアーで同い年の金谷がアマチュアV。ナショナルチーム時代に切磋琢磨(せっさたくま)した仲間の快挙に「拓実、勝ったんですか?! ヤバいですね。すごい」と大興奮。アマVの“先輩”は「実力者なので、いつか勝つと思っていた」と喜んでいた。

リーダーボードへツアー日程へ

PR