最終戦、単独13位以内でウィラチャンが逆転賞金王/国内シニア - SANSPO.COM(サンスポ)

最終戦、単独13位以内でウィラチャンが逆転賞金王/国内シニア

更新

 エリートグリップ・シニアオープン最終日(16日、兵庫・鳴尾GC=6429ヤード、パー70)単独10位以上なら賞金王の可能性があった賞金ランキング2位のタワン・ウィラチャン(タイ)は28位。賞金ランク1位で3年連続賞金王のプラヤド・マークセン(タイ)との差を約35万円とした。19日開幕の最終戦「ISPSハンダ・ゴールドシニアオープン」(埼玉・鳩山CC、賞金総額3000万円、優勝600万円)でマークセンはレギュラーツアーを優先して欠場予定。ウィラチャンが単独13位以内に入れば逆転賞金王が決まる。

PR