松山英樹は2年連続予選落ち/全英OP - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

松山英樹は2年連続予選落ち/全英OP

更新

第2ラウンド、1番でティーショットを放つ松山英樹=ロイヤルポートラッシュGC(共同)  男子ゴルフのメジャー最終戦、全英オープン選手権は19日、北アイルランドのロイヤルポートラッシュGC(パー71)で第2ラウンドが行われ、松山英樹は1番でトリプルボギーをたたくなど74と落とし通算3オーバー、145で2年連続予選落ちとなった。稲森佑貴と浅地洋佑が通算1オーバーの58位で決勝ラウンドに進んだ。

<< 下に続く >>

 首位から68で回ったJ・B・ホームズ(米国)、67だったシェーン・ローリー(アイルランド)が通算8アンダーでトップ。1打差の3位にトミー・フリートウッドとリー・ウェストウッド(ともに英国)がつけた。

 ロリー・マキロイ(英国)、アマチュアの金谷拓実(東北福祉大)は通算2オーバーで決勝ラウンド進出に1打及ばなかった。藤本佳則、堀川未来夢、タイガー・ウッズ(米国)、池田勇太、今平周吾も予選落ち。(共同)

松山英樹の話「(1番で)トリプルボギーを打ったことは忘れて、四つか五つバーディーを取ればチャンスがあると思っていた。10、11番のボギーが痛かった」

稲森佑貴の話「ここまで守りの姿勢が多かったかもしれない。失うものはないのでアグレッシブに攻めて、目標は最低でも1日で3アンダーを出すこと」

堀川未来夢の話「前半はピンチばかり。後半はショットが良くなったが難しかった。全米オープンは歯が立たなかったが、今回は自分のゴルフができれば予選は通れたはず。チャンスがあっただけに悔しい」

今平周吾の話「ティーショットが良く、フェアウエーから打てたのでなんとかなった。アンダーパーで回れたが、初日が相当悪かったので(予選落ちは)仕方ないと思う。来年もまたメジャーに挑戦したい」

金谷拓実の話「マスターズでは自分らしいプレーをして予選を通ったが、(今回は)自分らしいプレーができずに終わってしまったのが残念」

リーダーボードへツアー日程へ

PR