松山英樹、首位と5打差発進「思ったよりやれた」/全英OP - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

松山英樹、首位と5打差発進「思ったよりやれた」/全英OP

更新

第1ラウンド、12番でアプローチショットを放つ松山英樹=ロイヤルポートラッシュGC(共同)  男子ゴルフのメジャー最終戦、全英オープン選手権は18日、北アイルランドのロイヤルポートラッシュGC(パー71)で第1ラウンドが行われ、稲森佑貴が3バーディー、2ボギーの70で首位と4打差の20位につけた。3バーディー、3ボギーだった松山英樹は、堀川未来夢とともに71で42位発進。

<< 下に続く >>

 松山は前半に2オーバーと苦しんだが、後半2バーディー、ボギーなしと立て直した。首位とは5打差。最終18番で3メートルのバーディーパットを沈めてイーブンパーに戻し「気分的にすごく楽になった」と本音を漏らした。

 雨、風とも強くなかった前半は「思ったより(グリーンの)スピードがあったので難しかった」と1、4、6番で短いパーパットを外した。ただ、大きく崩れる選手も目立つ中、引きずらない地力はさすが。激しい雨で「ちょっとしんどかった」という10番でバーディーを奪うと、その後もショットが安定してリズムを取り戻した。「思ったよりやれた」と手応えをつかみ、混戦模様の上位進出を狙う。(共同)

リーダーボードへ

ツアー日程へ

PR