【潜入ジャンボ尾崎の秘密基地】ジャンボ邸はスター養成“虎の穴” - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【潜入ジャンボ尾崎の秘密基地】ジャンボ邸はスター養成“虎の穴”

更新

ジュニアたちを指導するジャンボ  今月上旬の女子ツアー「リゾートトラストレディス」で、原英莉花(20)=日本通運=が初優勝を遂げた。アマチュア時代は無名の存在だった原が勝てるようになった理由は、千葉県内にある尾崎将司(72)=I.S.T=の練習場に通い始めたことだった。ジャンボがジュニアゴルファーを指導している「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー」に潜入し、その指導の模様を2回に分けてリポートする。 (取材構成・稲垣博昭)

<< 下に続く >>

 多くの逸材がひしめく1998年度生まれの“黄金世代”の中でも、有力選手の一人に成長した原。その初Vの原動力は、まさに抜群の練習環境が整ったジャンボ邸から生み出された。

 「やる気ある子供たちに、この環境を利用してもらいたい。それが一番。環境は人を育てる」

 快晴の今月16日。千葉県内の尾崎邸には日曜の早朝からジュニアゴルファーが集結した。

 ショット練習場からネットまでは約280ヤード。手入れされた大きな2面のグリーン。周囲にはバンカーが約100メートルも囲んでいる。総面積は非公表だが、広大な敷地にジャンボ特製の練習器具も備わり、これ以上ない虎の穴だ。

 この日は、男子で昨年の「TOMAS杯フジサンケイジュニア選手権」を制した澤田響(19)=東京国際大1年=や女子で「全国小学生ゴルフ」優勝の実績をもつ17歳の望月美甫(ルネサンス高2年)ら総勢11人(男5人、女6人)が汗を流していた。

 午前中は特製の器具を使って体幹トレーニング。バンカー内で砂袋が乗ったそりを引いたり、芝生の上でそりを押して斜面を駆け上がったり。その後は約1キロの短尺ドライバーでソフトボールを打ち込んだ。

 昼食などを挟み、午後2時からショット練習。だが、尾崎は「ボールばかり打つな。誰も素振りをしてないだろ。素振りをしろ!」とカミナリを落とした。空気抵抗のある羽根がついたクラブを持って何度も素振りを繰り返しながら黙々と打ち込み、最後の球拾いが終了する頃には辺りは暗くなっていた。

 2017年11月に設立された「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー」には、セレクションを通った約40人が在籍。アカデミー生は週末に練習にやってくる。遠方の生徒は希望があれば尾崎邸に宿泊することも可能。「練習環境が素晴らしい」と、アカデミー生は感謝する。

 尾崎は「俺は『1』のことしか言わない。あとは自分がどうやって考えて練習するかだ」と厳しい姿勢で接する。

 練習場ではあいさつなどの礼儀作法も重要視され、食べ物の好き嫌いはご法度。少しでも気を緩めると説教される。原も尾崎に練習の仕方を注意され、2度涙がこぼれたという。ゴルフ指導の拠点は、人間形成の場にもなっている。 (つづく)

★ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー

 NPO法人「JUMBOスポーツ・ソリューション」がジュニアゴルファー育成のために2017年11月に設立し、18年4月開校。現在は約40人が在籍。応募資格は新高校1年生から22歳までの男女で、JGAハンディキャップ5以下、または大会で同等の実績がある人など。合格者は尾崎将司をはじめ、ジャンボ軍団のプロから教わることができる。月会費は1万800円(税込)。

PR