タイガー・ウッズ「また第一線で優勝できるとは想像もしていなかった」/マスターズ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

タイガー・ウッズ「また第一線で優勝できるとは想像もしていなかった」/マスターズ

更新

米男子ゴルフのマスターズ・トーナメントの最終ラウンド、逆転で優勝を果たし、ガッツポーズするタイガー・ウッズ。11年ぶりのメジャー制覇で完全復活を果たした=14日、オーガスタ・ナショナルGC(ロイター)  男子ゴルフのメジャー第1戦、マスターズ・トーナメントは14日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、2位で出たタイガー・ウッズ(米国)が6バーディー、4ボギーの70で回り通算13アンダー、275で2005年以来5度目の大会制覇を果たした。

<< 下に続く >>

 15番のバーディーで単独トップに立ち、16番でも伸ばして逃げ切った。

 メジャー制覇は11年ぶり。通算18勝のジャック・ニクラウス(米国)に次ぐ歴代2位のメジャー優勝回数を15とした。43歳3カ月でのマスターズ制覇は、1986年に46歳2カ月で大会6勝目を挙げたニクラウスに次ぐ年長優勝。米ツアーでは通算81勝となった。歴代最多はサム・スニード(米国)の82勝。優勝賞金207万ドル(約2億3180万円)を獲得した。

 悪天候が予想されたため開始時間が早められ、下位の約半数は10番から回った。(共同)

タイガー・ウッズの話「また第一線で優勝できるとは想像もしていなかった。本当にうれしい。カムバックを果たしてマスターズで優勝できるのは最高のこと。(最終日は)自分のゴルフに集中できたのが大きい。冷静さを保つことができたのが一番の理由」

リーダーボードへツアー日程へ

PR