畑岡奈紗、首位と9打差28位「いいゴルフと紙一重」/米女子 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

畑岡奈紗、首位と9打差28位「いいゴルフと紙一重」/米女子

更新

第2ラウンド、ティーショットを放つ畑岡奈紗=ミッションヒルズCC(共同)  女子ゴルフのメジャー第1戦、ANAインスピレーションは5日、米カリフォルニア州ランチョミラージュのミッションヒルズCC(パー72)で第2ラウンドが行われ、42位で出た畑岡奈紗は3バーディー、3ボギーの72で回り通算1オーバーの145で28位に上がった。首位と9打差。

<< 下に続く >>

 上原彩子も72で通算3オーバーの48位、横峯さくらは5オーバーの63位でぎりぎり決勝ラウンド進出。77の野村敏京は予選通過に1打、75の比嘉真美子は2打及ばなかった。

 金寅敬(韓国)が65をマークし、通算8アンダーで首位。3打差の2位にキャサリン・カーク(オーストラリア)が続いた。

畑岡奈紗の話「オーバーパーで2日間終わるのは想定していなかった。いいゴルフと紙一重。あとひと転がりでカップに入っていれば5アンダーが出てもおかしくない内容だった」

上原彩子の話「あと2日間プレーできるのはうれしい。上だけ見て、一打一打に集中しながらいいプレーを重ねていけるように頑張りたい」

横峯さくらの話「タフなコンディションの中で1オーバー(73)。自分のスイングに集中できたことが一番大きかった。また2日間プレーできるのがうれしい」

野村敏京の話「イーブンまで一時戻したけど、最後で崩した。メジャーだし、いい流れに乗るのは難しい」

比嘉真美子の話「かみ合ったら戦えるという手応えも、力不足だなという面もあった。経験できたものは来週以降の日本ツアーで大きな意味を持つと思う」

リーダーボードへツアー日程へ

PR