【米ツアー3勝目一問一答】畑岡奈紗「思ったショット打てた」/米女子 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【米ツアー3勝目一問一答】畑岡奈紗「思ったショット打てた」/米女子

更新

米女子ゴルフでツアー3勝目を挙げ、優勝トロフィーを掲げる畑岡奈紗=米カリフォルニア州、アビアラGC(共同)  米女子ゴルフの起亜クラシックは3月31日、カリフォルニア州カールズバッドのアビアラGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、1打差2位から67をマークした20歳の畑岡奈紗が通算18アンダー、270で今季ツアー初、通算3勝目を挙げた。賞金27万ドル(約3000万円)を獲得。畑岡は晴れやかな顔で今季初勝利を語った。(共同)

<< 下に続く >>

 --予選から調子を上げ、4日間大会優勝の目標を達成。

 「試合の途中で修正できた。思ったショットが打てた。こんなに早く達成できるとは思っていなかった」

 --途中経過の確認は。

 「14番でちらっと見て、2位と1打差。どきどきして、それ以降はなかなか見られなかった。18番でも1打差だと思ってやっていた」

 --16番でつまずいた。

 「ショットが良いのは分かっていた。すぐに気持ちを切り替えて集中できた。私はまだ3年目で20歳。常に挑戦者。目の前の一打に集中することが大事」

 --メジャー7勝の朴仁妃と最終組で争った。

 「緊張した。落ち着いているし、本当に強い。経験を積んで、インビさんみたいになりたい」

 --次はメジャー。

 「自信になる。メジャーを良い流れで迎えられる。終盤に集中していかないと勝てないのがメジャー。後半でしっかり伸ばせるようにしたい」

リーダーボードへツアー日程へ

PR