難コースも“秘策”あり!鈴木愛、2週連続Vへ虎視眈々/国内女子 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

難コースも“秘策”あり!鈴木愛、2週連続Vへ虎視眈々/国内女子

更新

グリーン周りの薄い芝対策にユーティリティーでアプローリ練習する鈴木愛  女子ゴルフの「Tポイント×ENEOSトーナメント」は22日から3日間、大阪・茨木国際GC(6219ヤード、パー71)で開催される。20日はプロアマ戦が行われ、第1ラウンドの組み合わせが発表。大会連覇と2週連続優勝が懸かる鈴木愛(24)=セールスフォース=は、ホステスプロの木戸愛(29)=ゼンリン、権藤可恋(23)=ボートピアみやき=と同組となった。

<< 下に続く >>

 前週の「ヨコハマタイヤPRGRレディス」を制した鈴木はプロアマ戦後、グリーン周りのアプローチを入念にチェックした。手にしていたクラブはユーティリティー(UT)。「芝が薄いのでウエッジではミスをするリスクが高い。1年を通じてUTを使うのはこのコースくらい」と話した。2日間競技となった昨年大会は通算8アンダーで優勝。「このコースは本当に難しい」と言いながらも大会連覇&自身初の2週連続優勝に虎視眈々だった。

PR