【体幹で感じるゴルフ】グリーンオンには右肩下げるん打 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【体幹で感じるゴルフ】グリーンオンには右肩下げるん打

更新

(1)アドレスからクラブヘッドを右足外側までテークバックして止める  体幹トレーニングを取り入れたゴルフレッスンスタジオ「TAIKANZ GOLF(タイカンズゴルフ)」で指導するPGAティーチングプロA級、南田陽平コーチ(32)による「体幹で感じるゴルフ」の第5回は、ショートアイアンで距離感と方向性を重視したショットを学びます。簡単にできるドリルも紹介します。 (取材構成・稲垣博昭、写真・菊本和人)

<< 下に続く >>

 ピンまで残り100ヤード。PWなら十分にピンに届くと思ってクラブを握っても、実際にはグリーン手前だった…。こんな経験は誰しもあると思います。

 多くの場合、スイングのフィニッシュの形に問題があります。フルショットでフィニッシュをしっかりとろうと腕が高い位置にあるゴルファーは注意してください。

 ロフト角があるショートアイアン(8番アイアンからSWまで)はクラブの長さも短く、どうしてもボールを上げようとして“しゃくり上げ”てしまいがちです。インパクト時のロフト角は大きく、スピン量が増えて球は高く上がりますが、距離感が合いません。フィニッシュ時には腕の位置が高くなっているはずです。

 球をコントロールするには、低い球筋が有効。低いボールを打つには、まずフィニッシュの形からです。目安は、右利きなら左腕が肩と同じ高さになるようなイメージ。次に、右肩に注意してください。インパクトゾーンでクラブヘッドを低い位置からボールをとらえなければなりません。ダウンスイングで右肩が常に左肩よりも低くなれば、クラブヘッドも低い位置から入りやすくなります。右肩が高いとダウンスイングでヘッドが返ってしまい、引っかけの原因になります。

 低い位置でのインパクトゾーンの感覚をつかむためのドリルを紹介します。アドレスからクラブヘッドを右足外側(写真〔1〕)までテークバックして止めます。そこから右肩を下げてインパクト(写真〔2〕)。フォローもクラブヘッドの位置を低く、真っすぐに出します(写真〔3〕)。クラブヘッドは地面につけたままで、ソールを滑らせながら打ちます。

 簡単そうに見えますが、慣れないとフェース面が開いてボールは右に出てしまいます。

 スイングはいいのに100を切れないゴルファーは大体、ショートゲームで苦戦しています。特にショートアイアンのコントロールがうまくできません。ボールを低く抑えられればグリーンオンする確率は増え、ゴルフもいっそう楽しくなるはずです。

★体幹チェック

 紹介したドリルでは、体の動きが体感できるはずです。そこで、スムーズな動きに導くためスタート前や練習前にやってほしいエクササイズを教えます。両手をクロスさせて胸に当てて、おなかに力を入れます。そのままの姿勢で肩を上下させる運動をすれば、脇腹の筋肉が伸び縮みします。これを繰り返すだけで脇腹の強化とストレッチ運動にもなります。ぜひ試してみてください。

TAIKANZ GOLF(タイカンズゴルフ)

 フィットネスクラブなどを経営するライフウェル(本社・東京都町田市)が個人フィットネスに特化したスポーツジムと個人トレーニングサポート施設「タイカンズ」(東京都新宿区)に、ゴルフ部門を2009年オープン。運動の基礎となる「体幹」とゴルフ技術を両面から向上させるプログラムが用意されている。「誰でもできる『ゴルフ体幹』の鍛え方」(日本経済新聞出版社)はゴルフレッスン書では異例の約1万部を売り上げた。

南田 陽平(みなみだ・ようへい)

 1986(昭和61)年12月30日生まれ、32歳。大阪府出身。15歳でゴルフを始める。大学卒業後、ティーチングプロを目指して2014年に日本プロゴルフ協会(PGA)のティーチングプロA級、ジュニア指導員の資格を取得。現在は体幹トレーニングフィールド「タイカンズ新宿御苑」で多くのアマチュアゴルファーを指導する。167センチ、60キロ。

PR