33位の松山「ショットが戻ってきたので良かった」/米男子 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

33位の松山「ショットが戻ってきたので良かった」/米男子

更新

最終ラウンド、ホールアウトする松山英樹。通算2アンダーで33位=ベイヒル・クラブ(共同)  米男子ゴルフのアーノルド・パーマー招待は10日、フロリダ州オーランドのベイヒル・クラブ(パー72)で最終ラウンドが行われ、松山英樹は2バーディー、3ボギーの73と落として通算2アンダー、286で33位だった。

<< 下に続く >>

 64と伸ばしたフランチェスコ・モリナリ(イタリア)が5打差を逆転し通算12アンダーで昨年の全英オープン選手権以来のツアー3勝目を挙げた。賞金は163万8千ドル(約1億8200万円)。2打差の2位にマシュー・フィッツパトリック(英国)が入った。(共同)

松山英樹の話「思うようなプレーができなかったが、ショットが戻ってきたのでそこは良かった。あとはパット。いい感じで打っていたのに、あまりにも入らないので、打ち方もおかしくなってしまった。パットは早く何とかしたい」

リーダーボードへツアー日程へ

PR