郷ひろみ、男子ゴルフ界活性化に一役 応援サポーターに異例の就任 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

郷ひろみ、男子ゴルフ界活性化に一役 応援サポーターに異例の就任

更新

 歌手の郷ひろみ(63)が男子ゴルフ界活性化に一役買う。ゴルフウエアなどを手がけるパーリーゲイツは1月31日、東京・港区のザ・リッツ・カールトン東京で「フューチャーGOLFツアー2019」の4試合を協賛すると発表した。昨年、男子ゴルフの石川遼(27)=CASIO=の発案で始めたツアー外競技に賛同した郷が「応援サポーター」となって大会を盛り上げる。

<< 下に続く >>

 異例の就任だ。ブランド設立30周年に合わせてツアー協賛が決まったパーリーゲイツを手がけるTSIグルーヴアンドスポーツの仙座学社長と懇意にしているという郷は、同席したウエア契約プロの芹澤信雄(59)、藤田寛之(49)の特注衣装に負けじとヒョウ柄の衣装で登壇した。

 「(ツアーの)立ち上げから携わっている石川プロの真摯な思いに賛同して、僕にできることがあれば協力したいという思いではせ参じました」

 19歳の時に宮崎・フェニックスCCでゴルフデビューしたという郷は「月並みかもしれないがゴルフは人生と似ている。いい時もあれば悪い時もある。僕が歩んできた人生も同じ。楽しいときも苦しいときもたくさんあった。でも乗り越えることによって楽しさが倍増していく。アマチュアでも長くできるスポーツ」と自身のゴルフ愛を熱弁した。

 フューチャーGOLFツアーは昨年、選手会長1年目の石川が大相撲の地方巡業をモデルに立ち上げた。西日本豪雨の影響で7月の広島、岡山での大会は中止となったが、8月に新潟、12月に埼玉で開催した。

 今年は日本ゴルフツアー機構(JGTO)から選手の選出、広報活動、競技委員派遣などの側面支援を受けることが新たに決定。プロは2日間競技で20人から30人の出場を予定。1日目はプロアマ戦、2日目は地元のトップジュニアなどがプロと一緒にプレーする。

 パーリーゲイツは4月から8月にかけて千葉(太平洋C成田C)、静岡(静岡C浜岡C)、兵庫(よみうりCC)、北海道(北海道ブルックスCC)の4試合を協賛。石川は同社のサポートで「ゴルフ場が明るく活気のあるものになってほしい」と期待を寄せた。ツアーは3月に昨年中止になった岡山、広島でも開催、さらに熊本などでも計画されている。

 会見中盤のトークセッションでは郷が3人のプロに「ゴルフをする人なら誰でも聞きたい、ドライバーショットの飛距離を短時間で伸ばすにはどうしたらいいか」と質問。石川からは「グリップを強く握らないこと。軽く持つことで腕もしならせれば長いクラブを持つような感覚になる」とすすめられると、芹澤からは「クラブを変えること。飛距離はお金で買える。進化しているので自分に合ったクラブを使えば間違いなく飛ぶ」とアドバイスを受けた。

 最後に郷は「ゴルフ場に行くなどして協力したい。プロアマにも参加できれば」と全面協力を約束。芹澤から「(ゴルフの)応援歌とか作ってほしい」とリクエストされると、「『ジャパン』としか言わないですけど、歌手・郷ひろみとしてできることはやりたい」と意欲を見せていた。

PR