“早打ちマック”佐藤精一、3勝の実績も…レジェンド部門で殿堂入り「この上ない感激」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

“早打ちマック”佐藤精一、3勝の実績も…レジェンド部門で殿堂入り「この上ない感激」

更新

 日本プロゴルフ殿堂は23日、新たに殿堂入りする4人の顕彰者を発表。レジェンド部門では、プレーの速さから「早打ちマック」の愛称で親しまれた佐藤精一(86)と、日本女子プロゴルフ協会の役員を歴任した小林法子(74)が選出された。

<< 下に続く >>

 しゃべりながらでもゴルフができるほどプレーが速かったことから“早打ちマック”と呼ばれた佐藤精一が、レジェンド部門で殿堂入り。「日本オープン」を含め3勝の実績しかないが、「(私以上に)たくさん勝った人や貢献した方もたくさんいますが、私が顕彰されるとはこの上もない感激です」とコメントした。テレビのレッスン番組にも多数出演し、人気者となった。

PR