畑岡奈紗、元大リーガーとラウンド 貴重な経験喜ぶ/米女子 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

畑岡奈紗、元大リーガーとラウンド 貴重な経験喜ぶ/米女子

更新

第3ラウンドをホールアウトし、元大リーガーのウェークフィールド氏(左)、ベケット氏(右)とポーズをとる畑岡奈紗=フォーシーズンズ・クラブ(共同)  米女子ゴルフのダイヤモンドリゾーツ・チャンピオンズは19日、フロリダ州レークブエナビスタのフォーシーズンズ・クラブ(パー71)で第3ラウンドが行われ、畑岡奈紗は71と伸ばせず通算3オーバー、216で最下位の24位タイに後退した。

<< 下に続く >>

 4日間アマチュアと回る形式の大会で、畑岡は元大リーガーでナックルボーラーとして有名な通算200勝のウェークフィールド氏、通算138勝右腕のベケット氏とラウンドした。4バーディー、4ボギーと伸ばすことはできず「パットを積極的に打てず残念」と、トーンは上がらなかった。

 同組の2人は2007年にレッドソックスで松坂大輔や岡島秀樹とともにワールドシリーズ制覇に貢献した名選手で、ファンからの声援も大きかった。畑岡は「(ウェークフィールド氏は)少し日本語も分かっていて、話しやすかった」と貴重な経験を喜んでいた。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ

PR