新ルールの混乱なし 比嘉、ピン差したままパットに「ロングパットの距離感は合わせやすい」/国内男子 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

新ルールの混乱なし 比嘉、ピン差したままパットに「ロングパットの距離感は合わせやすい」/国内男子

更新

最終日、通算6アンダーで12位の比嘉一貴=セントーサGC(共同)  SMBCシンガポール・オープン最終日(20日、シンガポール、セントーサGC=7403ヤード、パー71)アジアツアーと共同開催の開幕戦。65で回った23歳のジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)が通算18アンダー、266で日本ツアー初優勝した。

<< 下に続く >>

 今年から施行された新ルールについて、日本ツアー開幕戦の4日間で混乱はなかった。比嘉や崔虎星(韓国)らはグリーンでピンを差したままパットを打つ場面もあった。12位に入った比嘉は「ロングパットの距離感は合わせやすい」と歓迎した。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ

PR