今平、4打差4位発進「すごく良いスタート」松山は52位/米男子 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

今平、4打差4位発進「すごく良いスタート」松山は52位/米男子

更新

第1ラウンド、5アンダーで4位の今平周吾=ワイアラエCC(共同)  米男子ゴルフのソニー・オープンは10日、ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(パー70)で第1ラウンドが行われ、日本ツアー賞金王の今平周吾が7バーディー、2ボギーの65をマークして首位と4打差の4位につけた。星野陸也も66の好スコアで7位。

<< 下に続く >>

 松山英樹、稲森佑貴は69で52位。小平智とアマチュアの金谷拓実(東北福祉大)は71で89位、池田勇太は72で112位と出遅れた。

 61のアダム・スベンソン(カナダ)が首位に立ち、1打差の2位にアンドルー・パットナム(米国)がつけた。(共同)

今平周吾の話「すごく良いスタートができた。ショットがよくピンについてくれた。2日目からもこの調子でいきたい」

星野陸也の話「ラブ選択とかコースマネジメントがうまくいった。途中で今平さんが5アンダーなのを見たので、僕も頑張ろうと思った」

松山英樹の話「上がりの3ホールがもったいなかった。16番のティーショットはミスで、結果的にダブルボギーにしてしまった。もっとできたんじゃないかとも思うが、ピンを狙うショットは徐々に良くなってきたので、続けていきたい」

小平智の話「ショットはいいけどグリーン上がなかなかかみ合わなかった。すごく(ラインを)読みづらい。2日目はいっぱいバーディーを取っていくしかない。がんがん攻めたい」

池田勇太の話「悪いプレーじゃないのにスコアがまとまらなかった。9番で短いパットを外してバーディーを取れなかったのがもったいなかった」

稲森佑貴の話「1アンダーで上がれて良かった。前半はショットが乱れたが、危ないパーパットを沈めることができた。厳しい位置なので、もっと巻き返したい」

金谷拓実の話「初めての米ツアーでスタートは緊張した。1ホール目でバーディーがとれたので、そのあとは普通にできた。ドライバー以外はいいプレーができなかった。修正して予選通過したい」

リーダーボードへツアー日程へ

PR